FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEST

20061219091603
テストです。
モブログはじめます!といっても来年からです。
またしても更新できない日々が続いております。
年内のことは年内に!を目標に頑張ります
スポンサーサイト

雨との戦い。

 最近雨が降ったりやんだりのハッキリしない天気ですね。
屋根上が多いストーブ工事は雨が降ると工期が延びてしまうので本当に困ります。早く取り付けてくれ~というお客さまが沢山控えていますからね

 P1010782-2.jpg

 おととしあたり大雨が全国的にひどかったですが、統計的に微増加傾向が見られるらしいです。地球規模の気候の変化が現れてきているのだとしたら、、なんて、忙しい工事の合間には考えもしなかったことを、振り返って地球環境にまで辿り着いた夜長の今日この頃です。

原人から現代人まで。

P1010769-2.jpg

 今日は久々にVCイントレピッドⅡの設置工事でした。アンコールよりはやはり小ぶりな印象ですが、炉台のレンガのアーチとも似合って何とも可愛らしい雰囲気です。

P1010768.jpg

 ご主人は火のある暮らしに憧れていたそうです。じーっとガラス越しの炎を眺めている姿にほっと嬉しくなりました。オール電化を否定するつもりは毛頭ありませんが、人類150万年ずっと火と共に生活し、火によって生かされてきたわけです。火が人のこころや体に安らぎを与えるというのも、嗜好を越えた本能的なものとも思えます。先日触れた“ライトテラピー”のルーツはここにあるのかもしれませんね。

煙突は語る。

P1010712-2.jpg

 天気が良かったのでつい屋根の上に長居していた斉藤君が、外壁の綺麗に仕上がった煙突を沢山撮ってくれました。その中の一枚。煙突さんが未来に何か夢見ているかのような物語のある景色だなあと、ふと思ってしまいました。ほんとは雲をメインに撮ったのかもしれませんけど。

P1010730-2.jpg

 ↑こちらは床下の補強をしている時のもの。
家の上から下からと、薪ストーブ工事は時々大変なのです。


更新できなくてごめんなさい…

 シーズンに入り、おかげさまでお店にいらっしゃるお客様やお問い合わせも大幅に増えてきました。なので工事も一杯々々でここのところ写真も思うように撮れず、メモを取っておくのも一苦労な状態です…。楽しみにご覧になっていた方がいらっしゃったなら、大変申し訳ない思いで一杯です。後日まとめて掲載しますので、もうしばらくお待ち下さい

長丁場の末の心やすらぐひととき。

 P1010691-2.jpg

 工事が重なっていたこともあり比較的日数がかかってしまったのですが、ようやく設置工事が完了して焚き付けをされているご主人です。
 まってましたよと嬉しそうな、ほっとしたような、そんな感じの後ろ姿です。広く暖かい炉台の上で胡坐をかいて火を眺めながらの一杯が似合いそうな後ろ姿です。

光の先には…

P1010644-2.jpg

 某ねずみ遊園地のジェットコースターのゆっくりと頂上に上っていく時の様なドキドキ感のある写真です。
 今日の工事は屋根抜きとチムニーの骨組み工事と炉台工事でした。設置場所が廊下なのですが、その幅いっぱいに炉台をひろげています。給気の穴を開けるのは毎回一苦労です。
 玄関の正面なので存在感があります。回覧板を回しに来たご近所さんも、おおっ?!と目が釘づけになることでしょう。

P1010667-2.jpg

薪の準備はOK!

P1010626-2.jpg

 家の庭に積まれた薪達。
 こちらのご主人は旅行で海外の色々な国を旅する中で、ヨーロッパ(どこでしたっけ?)の国で薪ストーブに出会い欲しくなったということです。旅先での色々なエピソードを聞いて私も旅したくなりました…。そして海外で薪ストーブに出会ってみたいです!たぶん煙突の施工や炉台を眺めてふむ~と考えてしまうでしょうね。
 海外の薪ストーブといえば、深澤光著の『薪割り礼賛』は海外の薪ストーブ事情について触れられている希少な本です。まだ読破していませんでしたが『薪ストーブの本』よりは読みやすく、カタログ的なムックよりはユーザーとしてのリアルな意見を知ることができるので、一度読んでみると参考になると思いますよ~。

見ていて飽きません。

P1010590-2.jpg

 今日は角トップの取り付けから本体の設置、焚き付けまで完了。
 奥様いわく「火を眺めているのは飽きないですね…」とのこと。確かにぼんやり炎を眺めていると、その暖かさとも相まってとてもリラックスした気分になれます。キャンドルでもそうですが、炎の揺らめきを眺めることは「ライトテラピー」といって癒しの効果があると言われているんですよ。1台∞役、薪ストーブには沢山の利用法と可能性を秘めています

薪ストーブクッキング教室開校!

DSC01978-2.jpg

*ファイヤーライフよりお知らせ*
 
 前回のブログにてお知らせしている通り、ファイヤーライフエルデ(茨城県水戸市)にて、薪ストーブクッキング教室/薪ストーブ入門講座を開校いたしました。薪ストーブをこれからフル活用しようという人も、もう長年使っている人も、置こうかどうか迷っている人も、参考になる知識が必ず得られるはずです!ストーブで焼いた料理の試食ができるほか、入門講座ではストーブマスター佐藤が素朴な疑問からユーザーとしての個人的な意見まで何でもお答えします

 開講期間:~2月位(薪ストーブシーズン中)
 開講日時:毎週土・日曜日/午後1時~

 ※事前連絡の必要はありません。お気軽にお越し下さい。

輝くチムニー。

P1010561-2.jpg
 施主の希望でチムニーの外壁に銅板を貼りました。この色が段々変化していい雰囲気を醸し出してくるのです。いい素材は経年の変化を楽しめるものです。
…なぜか文字がハイパーになってしまいました。性懲りもなくまだ“はじめてのHTML…”片手に苦戦しています。

 
P1010549-2.jpg

 もう一件のお宅は後付け工事で、こちらもアンコールです。炉台は製作途中でしたが下の部分は出来ていたので本体を設置しました。赤とアイボリーのタイルが素敵でした。完成が楽しみですね~♪


パターの練習に。

P1010495-2.jpg

 ゴルフのホールのような穴ですが、外気導入ダクトの穴です。直径はおよそ5cmあります。ストーブを設置してから配管するので結構一苦労です。狭いところへはひょろっと細い斉藤君の出番です。
 今日の設置工事2台はVCアンコールとエバーバーンでした。本体は同じでも炉台にそのお宅らしい雰囲気が現れていましたよ。
クリックすると拡大して見られます↓

P1010538-2.jpg  P1010509-2.jpg


プロフィール

斎藤

Author:斎藤
こんにちは。
ストーブ工事はおまかせ!
の齋藤が
薪ストーブ工事の模様をブログでお届けします。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。